ハジポコ

ポコパン攻略、歴史まとめサイト
Twitterでシェア Facebook LINEで送る

タブレット端末の戦い方。両手を使ったスピードとパワープレイで高スコアを狙う

ポコパンをプレイする端末は画面が小さくて処理性能が高い端末の方が、指の移動範囲を狭くしながら高速にプレイできるため有利と言われている。
タブレットとスマホを並べる

そのため、タブレットはスマホよりも不利と捉えられがちだが、利点を的確に活用すれば高得点を取ることも十分可能である。

今回は、タブレット端末での戦い方を紹介する。教えてくれるのは召喚士「ぬぷぬぷ」さん。彼の高得点はすべてAndroidのタブレット端末から生み出されている。
ぬぷぬぷさんプロフィール

タブレットは、スマホ同様の画面サイズに変更してプレイできるものもあるが、今回はフルサイズにおける戦い方であることを心得よ。

【質問】
スマホとタブレットを比較した結果について
【回答】
スマホとタブレットではなぞる距離に2~3倍程度の差が出るので、タブレッドでどんなに速くなぞっても、スマホに勝ることは無いです。

正確さはタブレットの方が確実ですが、スピードを意識するとやや雑になります。さらに動きが大きい分、間違ってしまった時に抑制が効かなくなります。

【質問】
タブレットでのなぞり方について
【回答】
腕の動きに指先が連動するなぞり方が無理なくスピードが出せて良いでしょう。また、タブレットは両手使いに適しています。コンボ間の指移動のタイムラグを完全両手使いで少なくすることができます。

【質問】
タブレットでのブロックの把握について
【回答】
画面と顔はある程度距離をとって、全体を把握しやすいようにします。肘が軽く曲がる程度の距離がいいでしょう。自分は50センチくらい取ってます。

これはスマホの場合と同じになりますが、なぞり始めたつながりからは目を離して、次のつながりを認識、記憶するのが大切です。

【質問】
普段の練習について
【回答】
タブレットでトップクラスを相手にするには、圧倒的にスピード、瞬発力を鍛える必要があります。そのための筋トレが必要です。

特に両腕と大胸筋です。中央に向ってなぞるのがメインになるので、腕を内にたたむ筋肉が必要と考えます。負荷無しで腕をたたむ訓練で良いでしょう。

彼はパワーが最強クラスのアニマルを所持している。筋トレにより自分のパワーも上げ、大きい画面で腕をたたみ込みながら大胆にプレイ。すべてにおいて力強さに満ちた、キャプテン翼でいう日向小次郎のような存在だ。

プレイヤーによって高得点の取り方もさまざま。参考になる話を聞かせてもらった。ぬぷぬぷさん、ありがとう。

  • Twitterでシェア
  • Facebook
  • LINEで送る
はじはじビットコイン目指せ!最強の暗号通貨トレーダー

10 Responses to タブレット端末の戦い方。両手を使ったスピードとパワープレイで高スコアを狙う

  1. 孝一2/7 says:

    こんばんは(ФωФ)僕も、ずっとタブレットでポコパンをやっていますが、得点は、いまいちです(ToT)
    ぬぶぬぶさんの高得点は、羨ましいです。
    是非、ご指導をお願いしたいので、お友達になれませんか?
    LINE ID kou-39です。出来れば、プレー動画をお願い出来ませんか?

    • ぬぷぬぷ says:

      孝一さんこんばんわ
      さしたる御指導はできないかも知れませんが
      友達登録致します。
      よろしくお願いします。

    • ぬぷぬぷ says:

      孝一さん
      ID検索が出来ませんでした。
      検索可能になっているかご確認下さい

  2. オレパン says:

    タブレット派にはとっても興味のある話題をありがとうございます!やっぱり不利なんですね。でも見やすいから今さらiPhoneではしたいと思いません。明日から腕のトレーニングを始めます。とりあえず今、ランニングはしてますが、追加します。次回は是非動画を見せて下さいませ。

    • ぬぷぬぷ says:

      オレパンさんこんばんわ
      携帯サイズに対しては不利もありますが利点もあります。
      トレーニング←素晴らしいです。
      動画は満足がいくプレイができたら公開するかも知れません。

  3. says:

    店とかでゲーム起動した時にポコ!パン!って爆音で鳴った事ある?

  4. 孝一2/7 says:

    ぬぶぬぶさんこんばんは(ФωФ)(・(ェ)・)
    LINE ID 検索が、出きるようにして見たので、すみませんが、もう一度、ID検索して貰えないでしようか?

コメントを残す