ハジポコ

ポコパン攻略、歴史まとめサイト
Twitterでシェア Facebook LINEで送る

フレンズパワーが友だちのパワーになる。真のフレンズパワーとは何か

フレンズパワーを使った時、友だちのアニマルが突進するにもかかわらず、自分のアニマルのパワーになるという不思議な話を聞いたことがあるだろうか。

例えば、友だちのメリーポコブラのパワーが8003で、自分のメリーポコブラのパワーが3150だった場合、フレンズパワーは3150になってしまう。
フレンズパワーを使ってメリーポコブラの攻撃

そのため、新しい金アニマルが登場したら、フレンズパワーがヘッポコ攻撃にならないために、欲しくなくても育成しなければならないという欠点があった。

最近は、新アニマル登場のペースが速くなり、度重なる強制召喚に悲鳴すら聞こえていた。

このフレンズパワーの仕様が、バージョン2.0.4のアップデートによりついに変更された。自分のパワーではなく、友だちのパワーが採用されるようになったのである。

フレンズパワーのチョコタ、3250の時もあれば
フレンズパワー、チョコタの攻撃3150

7491の時もある。
フレンズパワーチョコタのパワー7491

これで本来あるべき仕様になったと思うプレイヤーもいると思うが、問題はまだ残っている。

それは、フレンズパワーで召喚されるのがベストアニマルという問題だ。ベストアニマルとは、自分の持っているアニマルの中で初期パワーが一番高いアニマルのことをいう。
ランキング画面にチョコタがずらり

フレンズパワーは、友だちのベストアニマルを借りる仕様なので、仮に、当たった友だちが史上最強のアニマルを持っていても、そのアニマルがベストアニマルでない場合は、最強アニマルを借りることができないのである。

最強動物召喚機能で召喚されるのもベストアニマル。「友達の動物の中で一番強力な動物を呼ぶことができる」と言っているが、ベストアニマルが一番強力とは限らない。
メッセージ一番強力な動物を呼ぶことができる

ベストアニマルとは何か。。持っているアニマルの中で一番パワーの高いアニマルであるべき。

友だちが持っている一番強いアニマルを借りてデリに突っ込む。それが真のフレンズパワーだ。

おすすめプレイ動画

ウルトラなテクニックを繰り出すポコパンマスターのプレイ動画です。

10 Responses to フレンズパワーが友だちのパワーになる。真のフレンズパワーとは何か

  1. ガッカリさせんといて says:

    そうそう。

    これが本来のフレンズパワーと、ベストアニマルの納得のいく定義。

  2. ピロリン says:

    禿同!
    腕が未熟な私はダイヤを消費する最強動物召喚くらいは真の最強お助けが出ていいと思う

  3. matu says:

    まさにその通りですね!
    真のFPはその人の一番強いアニマルですよね。
    だったらまだ前バージョンの自分のパワーで突撃してくれる方が育てがいもあるし納得もしますよね。
    ただやっぱり金が多すぎです・・・。

    • admin says:

      これだけ金の登場が多いと、フレンズパワーで借りるアニマルが
      初期パワーばかりになって困りますね。

  4. さおりん says:

    バグではなく、正式にそう改定されたんですね。
    これからは友達のために、ある程度ベスアニも強くしとかなきゃ…ですね(^_^;)
    自分のベスアニは、自分で選べたらいいのに!
    私の最強アニマルはサイダーです。
    今時サイダーがベスアニの人なんて、誰もいませんよね(笑)

    • admin says:

      ベストアニマルを自分で選べる案は新しい!(^▽^)

      サイダーが最強アニマルは珍しいです。現状だとベスアニのサイダーを育てようとしても、別の金アニが出てきて、ベスアニが変わってしまうので、せっかくのベスアニサイダーがもったいない気分になりますね。

  5. ピロリン says:

    誤タップで最強動物召喚
    ダイヤ5個飛びました orz
    ではっきり分かりましたが、最強動物召喚はランキング1位の方の表示アニマルのようです。
    所属グルチャのスクショ貼り付け報告してくれた人のスイータの方が+2000程強力だったですよ…

    最強じゃなかったのでダイヤ5個返して欲しい

    • admin says:

      ダイヤ5個って貴重ですよね(´д`o)
      お察しします。

      一つ気になるのは、月曜日のランキングがクリアされて全員のスコアがまだない状況で最強動物召喚をしたら誰のアニマルが召喚されるかです。

コメントを残す