ハジポコ

ポコパン攻略、歴史まとめサイト
Twitterでシェア Facebook LINEで送る

マスターランクの動物を育てるなら、プラチナムの何歳で進化させるのがいいか

2015年12月17日にプラチナムの上位ランク「マスターランク」が登場した。

特定のプラチナム動物を5歳以上にすることでマスターランクに進化でき、マスター限定スキルの修得や、特殊スキルの強化が行われる。⇒「記事
マスターランク登場

「進化」ボタンを押すのにダイヤやチェリーなどのコストがかからないので、5歳以上ならぜひとも進化させておきたい。
ポコタ14世

一つ質問が上がってきた。

「もし、マスターランクに進化させたあとも召喚を重ねてパワーを上げる予定なら、プラチナムで何歳のときにマスターランクに進化させるのが良いのか?」

本記事では、このマスターランクの進化タイミングについて説明する。

まず、マスターランクのパワーについておさらいしておこう。

進化ボタンを押したあとにルーレットを回し、止まったマスの数字をもとに「現在のパワー×当選数字の%」が進化後の動物に引き継がれる。
ルーレット当選番号25

例えば、5歳のポコタ14世を進化させてルーレットの当選数字が20だった場合、10799(5歳のパワー)×0.20=2159がマスターランクに引き継がれる。

ポコタ14世のマスターランクの初期パワーは2845なので、マスターランクのポコタ14世1歳のパワーは5004(=21592845)になる。
ポコタ14世のパワー引き継ぎ

マスターランクに進化させたあとも召喚を重ねればパワーを上げることができる。パワーの上昇値はマスターランクの初期パワーから計算され、プラチナムから引き継がれたパワーは関係しない。

下表は、マスターランクになったポコタ14世とインディアナポコタの召喚数ごとのパワー一覧。この値に引き継いだパワーを足した値が実際のパワーになる。

例えば、上記のマスターランクのポコタ14世が10歳になったときのパワーは6869.207+2159.8=9029(小数点以下切り捨て)になる。
マスターランクのポコタ14世とインディアナポコタのパワー基準値一覧

では、マスターランクに進化させたあとも召喚を重ねてパワーを上げるなら、プラチナムで何歳のときに進化させるのがいいのかについて考察する。

ポコタ14世は期間限定動物だったので、もう召喚することができないが、今後もポコタ14世に近い動物が現れると予想されるのでポコタ14世がノーマル召喚できると仮定して話を進める。

下表は、ルーレット当選数字が「25」だった場合の、召喚数ごとのパワー一覧(進化タイミング5歳~10歳)である。数値にはプラチナムから引き継いだパワーも含まれている。水色はプラチナム、紫色はマスターランクであることを表している。

例えば、6歳でマスターランクに進化させて、進化前も含めて全部で30回召喚したときのパワーは11015になる。
引き継ぎ25%のポコタ14世の召喚数ごとのパワー一覧

赤色は横方向のすべてのパワーと比較して一番高い値のものを表している。

例えば、5歳で進化させたあとの10歳のパワーは8792、6歳で進化させたあとの10歳のパワーは8608、7歳で進化させたあとの10歳のパワーは8335になるので、10歳のパワーが最も高いのは「5歳で進化させたとき」になる。

要するに、10歳まで育成するなら5歳で進化させるのが望ましいということだ。

では、30歳まで育成すると決めた場合、何歳でマスターランクに進化させるのが望ましいか上記表から導きだしてみよ。その通り、30歳で一番高いパワーは赤枠の11048なので、8歳で進化させるのが望ましいということになる。

ちなみに、進化タイミング11歳~16歳は下表になる。
引き継ぎ25%のポコタ14世の召喚数ごとのパワー一覧

スポンサーリンク

しかし、絶対に8歳が良いのかというとそうとも限らない。

下表は、ルーレット当選数字が「6」だった場合の召喚数ごとのパワー一覧である。

マスター進化タイミングが5歳のときに最大パワーが集中している。ゆえに、ルーレットの当選数字が6の場合は、何歳まで育てるにせよ5歳で進化させるのが望ましいということになる。
引き継ぎ6%のポコタ14世の召喚数ごとのパワー一覧

ルーレットのマスは6~25までの20個存在するので、当選数字の期待値は約15になる。そこで当選数字が15だった場合を見てみよう。

下表は、ルーレット当選数字が「15」だった場合の、召喚数ごとのパワー一覧である。

30歳まで育成する場合、6歳で進化させるのが望ましいということになる。
引き継ぎ15%のポコタ14世の召喚数ごとのパワー一覧

まとめると、30歳まで育成する場合、ルーレットが「25」のときは8歳で進化、ルーレットが「15」のときは6歳で進化、ルーレットが「6」のときは5歳で進化させるのが最良のタイミングとなる。

しかし、ルーレットは進化ボタンを押してから回すので、ルーレットの当選数字に合わせて進化タイミングを調整することができない。また、ダイヤを払い続ければ当選数字を21~25までに上げることができるが、多くて80程度のパワー差のために、ダイヤ使用を覚悟して進化タイミングを遅らせるのは現実的ではない。
6のマスに止まった

仮に8歳で進化させ、ルーレットの当選数字が運よく25になったとしても、育成がうまくいかず22歳以下で終わってしまったら5歳で進化させたときよりもパワーを損することになる。

上記を考慮すると、現状では5歳になったらすぐにマスターランクに進化させるのが無難という結論になる。

ただし、今後もプラチナム動物の初期パワーが上がり、マスターランクの初期パワーは下がる傾向が進んでいった場合は進化タイミングについて考慮する必要も出てきそうだ。

下表は、プラチナムの初期パワー19800、マスターランクの初期パワー976、ルーレットの当選数字「25」の場合の召喚数ごとのパワー一覧。
パワー20000の動物のパワー

マスターランク突進!
2回目の突進、ダメージ5803

おすすめプレイ動画

ウルトラなテクニックを繰り出すポコパンマスターのプレイ動画です。

4 Responses to マスターランクの動物を育てるなら、プラチナムの何歳で進化させるのがいいか

  1. 匿名 says:

    召喚する年齢と最終のの年齢表示が変わるので期間限定など引く回数がが限られていれば別だが
    進化させる前の年齢が遅いほど召喚回数は増えるが同じ年齢まで育成するなら
    できる限り進化させる前のプラチナの段階で年齢を高くするのがより大きなパワーにすることが出来るのではないでしょうか?
    トータルの召喚回数を固定するのであればこの方式で良いが
    今回のようにレギュラーで何度も可能であれば進化タイミンは出来る限り遅くがベストのような気がしますがどうなんでしょうか・・
    また進化前に幻のしまがあいてないとダメですが
    スポット強化をしてパワー上げてからの進化とそのままからの進化とのパワーの違いはどうなんでしょうか?

    • admin says:

      ご意見ありがとうございます。

      そうですね。
      確かに、アテモンのように引く回数が限られていない動物であればとことんマスターランクに進化させる年齢を引っ張ったあとに進化させるのもありだと思います。
      ただ、進化させるまでレギュラー動物として使えないので、引っ張りすぎてもそのまま使わないうちにさらに強い動物が登場したら何か切ない気持ちになるかも知れません。

      ちなみに、ルーレットの当選数字に最低の6が当たったら、アテモンを5歳で進化させたあとに100歳になったときのパワーは7813。ベストな年齢で進化させた場合の100歳のパワーは7844でその差31になります。
      そう考えると、年齢を思いっきり引っ張っる場合はダイヤを使ってでもルーレットの当選数字を上げたいところですね。

      スポット強化の仕様については改めて確認したあとに記事にしようと思います。

      参考になる話、ありがとうございます。

  2. そー says:

    アテモン4才でスポット強化を2回実行しました。まぼろしの島イベントが終わってから5才になったので進化させたら、スポット強化分がクリアされてしまいました。振り出しに戻る...(T-T)

コメントを残す