ハジポコ

ポコパン攻略、歴史まとめサイト
Twitterでシェア Facebook LINEで送る

突進クリティカルの発生確率を再検証

2015年9月1日の記事で、まぼろしの島限定動物のクリティカル攻撃(以下、突進クリティカル)の発生確率について検証した。⇒「記事

検証結果は、シュリオルを70回突進させたが1回も突進クリティカルが発生しない残念な結果になった。
クリティカル攻撃は発生せず。

数日後にポコパン運営からアプリ内連絡があり、突進クリティカルは不具合により発生しないことが分かった。
クリティカル攻撃が発生しない件について

そして2015年9月11日、ポコパンのバージョンアップとともに突進クリティカルが発生するようになったという目撃情報が入った。下図は山田さんの目撃スクショ。山田さん、連絡ありがとう。
突進クリティカル

本サイトでも確認したところ、突進クリティカルを目撃することができた。

そこで、改めて突進クリティカルの発生確率について検証したので説明する。

検証に用いた動物はシュリオル1歳(パワー8654)
シュリオル

体力がMAXに近いデリにシュリオルを突進させ、何回中何回突進クリティカルが発生するかを計測する。

シュリオルには「ダブルアタック」の特殊スキルがあるので、1プレイで2回突進させ、突進1発目と2発目の違いついても確認する。

また、デリの体力MAXは53225なので、最高倍率の突進クリティカル(8654×2.5倍=21635)が発生してもデリは吹っ飛ばない計算になる。
シュリオル、デリ

下表がプレイ107回の検証結果。各突進におけるダメージ値の一覧である。

例えば検証9回目は、突進1回目でクリティカルが発生し、突進2回目では発生しなかったことを表している。突進1回目のダメージは16443と表示され、通常のダメージ(8654)と比較すると1.9倍になったということだ。
クリティカルダメージ16443

突進クリティカルの検証結果

上記表から分かるように、突進2発目だけクリティカルが発生することがある。

また、突進1発目と2発目の両方ともクリティカルが発生することもある。

スポンサーリンク

発生頻度には波があるようだ。82回目~97回目の間はとてもよく発生した。確率変動的な要素があるのだろうか。

下表は、ダメージの倍率ごとの出現回数覧である。

プレイ回数が107回なので確率とまでは言いきれないが、突進1発目は約15%、突進2発目は約8%の割合で発生した。10回に1回は突進クリティカルが発動するとイメージしておけば良さそうだ。
ダメージ倍率ごとの出現回数

また、突進クリティカルは通常ダメージの最大250%になるらしいが、突進214回中に1回も2.5倍のダメージは発生しなかった。2.5倍はかなり確率が低いとみられる。
まぼろしの島限定動物の特徴

その他、複数匹を同時に吹っ飛ばす突進を30回ほど試してみたが突進クリティカルは発生しなかった。パワー余りが発生するような状況では突進クリティカルは発生しないのかも知れない。突進クリティカルについて何か感じたプレイヤーは教えて貰えると幸いである。

よし、突進クリティカルでベストスコア更新といこう。
複数匹のモンスターを同時に吹っ飛ばす

おすすめプレイ動画

ウルトラなテクニックを繰り出すポコパンマスターのプレイ動画です。

2 Responses to 突進クリティカルの発生確率を再検証

  1. 不肖未熟者 says:

    お疲れ様です!
    発生する確率と攻撃倍率の変動を見るに「クリティカルが出たらラッキー」くらいのイメージですかね。。
    不確定要素が多いとハイスコア狙う時に、凄くもどかしいですよね。

    • admin says:

      確かにたまたま出るより、テクニックでクリティカルを出せるような仕様のほうがいいですよね。

コメントを残す